1_萌萌虫雑記帳.png

ヨーロッパヘビトカゲ

2013/12/06


 バルカン半島から南西アジアに生息する手足の退化したトカゲです。植物の繁った岩場等で、昆虫やミミズ、カタツムリ、トカゲ、鳥のひなや卵、小型の哺乳動物などを食べています。成長すると全長が1メートルを越えるていどになりますが、体が硬くてヘビのように小さくとぐろを巻くことはできないため、飼育には大きなスペースが必要です。うまく飼育すればひじょうに長命だと言われています。



 爬虫類や両生類には、手足が退化的なもの、本種のように完全に退化してしまったものがけっこう存在します。アオジタトカゲのように充分に機能しているけれども体に比べてひじょうに小さいものや、痕跡程度の足しかなくほとんど機能しないものなど様々です。地表付近の複雑な地形を縫って移動するには、むしろ四肢がない方が便利なのでしょうか。おもしろいものですね。その最たるものがヘビの仲間なわけですが、生物進化の歴史からするとひじょうに新しいグループであり、多くの種類を擁し大繁栄しています。



 ヘビトカゲにもいくつか仲間がいますが、その中でも大型で最もよく流通しているのが、本種ヨーロッパヘビトカゲです。爬虫類を見慣れた人なら、本種をヘビと見間違えようもないのですが、そうでない人にとっては、これをトカゲと言うと首をひねるかもしれませんね。ヘビとの最も大きなちがいは、目にまぶたがあること外耳があることです。ほかにも首がまったくくびれないことや体が硬くてとぐろを巻けないことは、爬虫類愛好家には一見して判るヘビとのちがいです。ウロコの形状もずいぶんちがいます。


 ↑ 上目づかいになると、けっこう目つきが悪い。

 ケージは最低でも50×50cmていどが必要です。紫外線ライトとバスキングライトもあった方がよいですが、このサイズのケージだと使用すると夏場などはケージ全体の温度を上げてしまうので、バスキングライトでホットスポットを設けるならこの倍以上のケージ、例えばホームセンターで購入できる衣装ケースなんかが理想的です。徘徊性の動物ですが、伸び上がるとそこそこの高さになるので、フタは必要です。衣装ケースのフタをそのまま使用すると、通気孔を作ったとしてもヘビトカゲを蒸し焼きにしてしまいます。筆者は衣装ケースのフタをフレームだけ残して切り抜き、バーベキュー用の網を貼り付けるという加工をほどこしました。もちろん爬虫類用のガラスケージの大型サイズも利用できます。


 ↑ マウスを食べるところ。

 雌雄のペアで同居させるのはまったく問題がありません。2頭で仲よくしています。ただし、餌の取り合いで相手に噛みつくことがあるので、給餌には注意が必要です。大きなケージの場合は、シェルターも使用できますが、かなり大きなものが必要です。あとは浅い水入れが要ります。深い入れ物だと水を飲むのが大変です。
 人にはすぐに馴れるようになり、餌を当てにして寄ってくるようになりますが、ハンドリングできるように馴らすのはなかなかです。手足がないので捕まえるのは容易なのですが、器用に回転して逃げようとします。


 ↑ ペアで同居中。仲よくしているが、繁殖は容易ではない。

 餌として、マウス、ウズラ、ジャンボミルワーム、コオロギといった肉食爬虫類の基本的なものが使えます。四肢もなく回頭性もよくないのに器用に虫を捕獲します。ゆで卵が大好物だと言ってそれを頻繁に与える飼育者もいるようです。筆者はマウスメインで飼っていました。人の手から餌をもらうようにもなります。複数飼育している場合は、餌の取り合いを防ぐためにも、個々の個体に手渡しで給餌しましょう。人工飼料は使えません。でも、ガータースネークがカメの餌を食べているのを YouTube で見たことがありますから、動物性タンパク質を多く含む人工フードなら食べるようになるかもしれません。食べ残しでケージを汚しそうなので筆者は使いませんが。



 自然界での繁殖では、木のウロなどに産卵し40〜50日の間メスが卵を護るそうですが、たまに卵を食べてしまうメスもいるそうです。幸運にも飼育下で産卵が確認できた場合は、親から卵を隔離して管理する方がよいでしょう。頑健種で、うまく育てると40〜50年生きることもあるそうですから、長く付き合えますね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM