タイトル.jpg

アブラゼミ6

2016/08/24


 筆者の家の周りに棲む主だったセミは、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、ニイニイゼミ、ミンミンゼミで、日本のオーソドックスなセミは勢ぞろいって感じです。アブラゼミとクマゼミについては、どこにでもいますし、ツクツクボウシもけっこう都会化の進んだところでも見られます。ヒグラシは主に山岳部のセミなので、筆者の家の周りでは少し離れた原生林から声が聞こえます。ニイニイゼミはひじょうに控えめなセミなので、林に分け入って観察しないと存在を確認できませんが、抜け殻や死骸を見つけて、まだいると安心しているような次第です。ミンミンゼミは斜面専門のセミなので、うちの近くでは道路わきの切り立った崖状の林で啼いています。生息地が限定的です。 



 駅とうちの家の間にある公園で啼いているアブラゼミ。時おり子供たちが補注網を携えて木を見上げていたりします。ポケモンもいいけれど、たまにはセミ採りもしましょう。



 うちの家の壁で啼いているところ。週1くらいのペースでうちの庭や家の壁でもセミが啼きます。アブラゼミは午後担当なので、昼寝をしていると夢の中で啼きます。クマゼミは午前担当で、朝から暑苦しいことです。アブラゼミはうちの庭でも死骸を見つけることがあるので、もしかすると庭の土の中で幼虫が育っているかも知れませんね。シラカシの根っこにでもくっついているのかもです。



 8月25日。道端で死骸を拾ったのでアップしておきます。



 これはメスですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM