1_萌萌虫雑記帳.png

イオウイロハシリグモ2

2016/08/26


 試験管飼育でそろそろ1ヶ月半になりますが、ワカバグモと共に元気にしています。飼いやすいクモだ。飼いやすいクモはやっぱ餌食いが良好です。餌食いが良いのは、飼育環境によく馴化し健康を保っている証拠ですね。



 自分より体の大きなレッドローチを捉えました。クモの場合は、獲物を肢で押さえ込むのではなく大きく鋭い鋏角でわしづかみにします。背後から襲われた獲物はなす術がありません。



 クモは体外消化を行ないます。口から消化液を分泌して獲物を溶かし、それを吸い取るんですね。なので未消化の外皮の部分が残ったりします。巣網を作るクモの巣にも脱け殻状態になった虫の死骸がぶら下がっていたりします。体外消化の場合不用な部分は取り込まないので栄養になる部分だけが吸収され糞も少なくてすむそうです。クモを飼っているとケージがなかなか汚れません。食べ残しが散らばりますけど。これに対して植物食の生き物はたくさん糞を残しますね。
 クモは消化液を獲物にかけるので、人間がクモに咬まれた場合、それが血管に注入されて炎症を起こしたりします。タランチュラが毒グモと呼ばれるのもそのためですね。しかしセアカゴケグモやカバキコマチグモのように実際に毒液を注入して相手にダメージを与えるものも少ないながら存在します。本当の意味での毒グモです。
 日本にいるクモ類はほぼ無毒ですし、咬みついて来ることも少ないので、基本的に素手でつかんでも大丈夫です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM