1_萌萌虫雑記帳.png

アレチヌスビトハギ

2016/09/02


 通い慣れた駅前の道路脇で、可愛らしい小さなピンクの花を見つけました。10年以上通っているのに今の今まで気づかなかったのでしょうか。それともカラスノエンドウと見まちがえて無視していたのでしょうか。いずれにせよ、今年の8月中旬以降からよく目立ち始め、以前から自生していたにしても今年は特によく育ち花の数も多くなったようです。



 他の雑草に混ざって、長葉と小さなピンクの花が見えますか? それが本種です。筆者の知らない花でした。



 花数はかなり多いのですが、それほど密集しないのと、色が淡いせいで際立って目立ちません。



 花を拡大してみると、蘭のような個性的な形をしています。自力で検索できなかったので花検索掲示板にお願いしたところ、アレチヌスビトハギという初めて聞く植物名を教えていただきました。



 北米原産で比較的最近になって日本に入ってきたマメ科植物だそうです。実は小さな三角形をつなげた鞘に包まれ、衣服などに頑固にくっつくようです。そう言えば、野っ原を歩いているとズボンのすそなどがちっこい三角だらけになって難儀したことってありますよね。



 ある曇天の早朝。花はみんな閉じていました。晴れていればこの時間でも開花しているのですが。夜間は花を閉じるようですね。



 花はピンクなのに、閉じると青白いです。不思議だ。



 閉じている花のズームアップ。茎の先の方にはまだたくさんツボミがあります。まだ当分の間は花を楽しめそうですが、早い時期に咲いたものは、そのうち結実することでしょう。くっつき虫ができたらまた観察してみましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM