1_萌萌虫雑記帳.png

ウスオエダシャク

2016/09/02


 一見すると地味な小さい蛾ですが、けっこう印象深い模様を有しています。翅には胸部を中心にして波紋のように拡がる波形模様が3重になっていて、外側と真ん中の波の間が少し明るく見え、そこの部分が帯状に見えます。後翅の中央には黒い目玉模様がありますが、写真で拡大して見ると、いびつな形の黒紋で、目玉になっていません。近縁種にフタテンオエダシャクがおり、後翅の黒紋はむしろ、フタテンの方の特徴ですが、波形模様の特徴からウスオであると判断しました。



 京都府南部で見つけましたが、模様には地域変異が大きいそうです。後翅の黒紋は本種では無いものの方が多いようです。もちろんその形状や大きさにも変異が見られます。



 翅の拡大図です。前翅と後翅の模様がきれいにつながっているところが絶妙です。他の蛾類にもこうした特徴は見られますけどね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM