1_萌萌虫雑記帳.png

ヨツモンカメノコハムシ3

2016/09/03


 本項は、ヨツモンカメノコハムシの飼育繁殖を手がけておられる池田様より、貴重な写真の提供を受けて作成いたしました。6月下旬、飼育中の本種が産卵したものと思っていたのが、池田様のご指摘により、同居飼育しているオキナワクワゾウムシのものであることが判明いたしました。
 ※ 以下の写真はすべて、池田様が飼育中のヨツモンカメノコハムシをご本人が撮影し、提供してくださったものです。



 羽化直後のヨツモンカメノコハムシ。まだ黒い紋が表れていません。



 葉上に産みつけられた卵。
 前項に記載した筆者が本種のものと勘違いしていたオキナワクワゾウムシの卵とはずいぶんちがいますね。



 それぞれの卵は膜状のもので覆われています。その上に見える黒いものは、カモフラージュのために成虫が糞を乗せたものでしょう。



 孵化した幼虫たち。



 カメノコハムシの仲間の幼虫たちは糞や脱皮殻を混ぜ合わせて背負う習性があるそうです。
 似たような習性を持つ葉上生活者は、一部のハムシの幼虫やクサカゲロウの幼虫等でも見られます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM