1_萌萌虫雑記帳.png

アレチヌスビトハギ2

2016/09/09


 今年は夏場から早々とたくさんの台風が日本に接近し、つい今し方も台風が通過して行ったところです。そしてその後は、厳しかった残暑が一気に和らいだ感じです。朝夕は肌寒いほど。異常気象続きでも季節は確実に巡ります。



 そして今年の注目花アレチヌスビトハギも、気づけば花数が減り、実が目立つようになっていました。



 でたぁ、くっつき虫です。この三角はやっかいですよ。衣服にくっついたらなかなか取れません。野原で遊んでいるうちに、知らずこいつの襲撃を受けていた経験を誰しもお持ちでしょう。



 植物は様々な手段で種を拡散しようとしますが、くっつき虫はひじょうに有効な移動手段ですね。ただし鳥や獣が接触してくれなくては目的は達成できませんが。



 風に乗って飛散するタイプの種は、軽い綿毛といった構造を持ち、鳥や獣に食べられて運ばれるものは、美味しい果実と消化されない強固な外皮構造を持ち、くっつき虫は粘性のある毛で覆われた鞘に種が入っています。運ばれた先が棲息に適した土地であるといいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM