1_萌萌虫雑記帳.png

クツワムシ8

2016/09/09


 クツワムシはクズの葉を専食して育つと言われていますが、せっせとクズを摘んできて与えるのですが、あまり食べませんね。とくにメスは、産卵のために栄養を着けたいのか、動物質の熱帯魚フードや昆虫ゼリーをよく食べています。オスの方がクズの葉や小松菜をよく食べますが、そのオスが今月までに死んでしまいました。



 まだオスが元気だったころの写真です。現在はメスのみ。啼く虫の中でも騒音とさえ言われる大音響ももう聞くことはありません。ご近所への迷惑を気にしたのも数日のことでした。去年のようにオスの翅の発音板を切除することも今年はありませんでした。



 メスはちゃんと交尾を終えたでしょうか。動物質をよく食するのでお腹は大きいですよ。中で卵が育っているでしょうか。



 8月末から産卵が確認できました。飼い始めて数日で産卵に至りました。オスの死去と入れ代わりに産卵を始めた感じです。



 卵は日増しに増えてゆきます。



 今年も立派な卵がたくさん得られました。来年の5月末にも幼虫たちが見られるといいですね。



 そして9月に入ってからも産卵は続いています。



 すでに産卵してあるところに重ねて産みつけ、もうラッシュ状態です。繰り返し産んでも卵の向きが同じってことは、ケージの壁面に沿って同じ向きの姿勢で産んでるってことですよね。ひとつ上の写真では、向きも角度もバラバラですが。これは恐らく地表の障害物のせいでしょう。障害物の少ないところでは、体の左側をケージの壁面につけて産卵する癖があるようです、このメスに関しては。ちょっと興味深いです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM