1_萌萌虫雑記帳.png

シュリケマイマイ

2016/09/09


 沖縄地方に産するケマイマイの一種です。そもそも軟体動物に体毛が生えているというのが、なんとも不思議なのですが、そもそも軟体動物に詳しくない筆者には、なんとも言えません。本州にもケマイマイの仲間はいるようですが、筆者は見たことがなく、今回沖縄から届いた本種が、初めてのケマイマイです。



 分類的には他の多くのカタツムリと同様オナジマイマイ科に属するようですが、かなり毛色がちがいます。殻高がなくひじょうに偏平で、周囲に毛が一列に並んでいます。



 毛は外周だけではなく、巻いている殻の中ほどにも見えます。肉眼では外周の毛が特に目立ちますが。



 この毛がなんの役目を果たしているのかはまったく不明です。防御用の効果もほとんどなさそうですし。



 毛は体毛のようなものではなく、殻に生じた突起が毛状になっているって感じですね。



 届いた時には乾眠状態でした。殻の奥深くに閉じこもって動きません。たっぷりと加水したミズゴケを配したケージを仕立ててやりましたが、何日経っても動く気配はありません。



 8月下旬から飼い始めて、9月になってようやく目を覚ましました。ひじょうに遠慮がちに辺りを伺っています。



 ケマイマイは腐葉土を食べているそうです。
 沖縄では絶滅危惧動物の指定を受けているようですが、採集者によるとけっこう普通に見かけ、台風の雨の後にはかなりたくさん姿を現わすとのことでした。
 和名のシュリとは、沖縄の首里地方のことでしょうか。石灰岩地に棲息し、朽木や落ち葉を食べているそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM