1_萌萌虫雑記帳.png

シュナイダースキンク

2013/12/12



 北アフリカに棲息するそこそこ大きなスキンクです。と言っても全長で20〜30cmくらいでしょうか。ニホントカゲやマブヤに比べるとかなり大きいです。形態は典型的なスキンクですが、動きはそれほど素早くなく、物おじしない性格の個体が多く扱いやすいです。



 昼行性で、バスキング(日光浴)もしますし雑食性で虫だけでなく植物質もよく食べます。こう言うとアガマ類や乾燥系のイグアナを連想しますが、残念ながら彼らは砂潜り名人です。馴れていない間はなかなか砂の上に姿を現しません。これなら床材なしで飼育してやろうかとも思ってしまいますし、それにも馴れてくれそうですが、気持ち良さそうに潜っているのを見るとやはり砂を取り上げるのが可哀そうになります。



 物おじせずハンドリングもそれほど嫌がらないのですが、こね繰り回しているとしまいに噛みついてきたり暴れ出したりします。この辺りはちょっとヘビに似てるかななんて思ったり。餌食いも悪くなく、生き虫を与えると追い回しますし、イグアナ用のフードや小松菜なんかもよく食べます。動物性タンパク質を多く含んだ人工飼料と野菜を与えてやれば、生き虫は不用かもしれません。虫が苦手な人には向いてますね。



 引っ込み思案ではないことから、大型のエジプトトゲオアガマやフトアゴヒゲトカゲと同居させてみましたが、問題ありませんでした。ただしお勧めはしません。自分の十倍以上の体重があるトカゲとの同居はやはり嬉しくないでしょうし、踏みつけられるようなこともしばしばです。ゾウの群れの間を歩く肉食獣のように巨体の間をすり抜けて餌皿に近づき、餌を盗み食いします。大きなトカゲがいなければ、もっと悠然と餌を食べることができるでしょう。



 それでも馴れてきて、エジプト君が温厚な同居人であることが判ってくると、その背中に乗って日光浴するまでになりました。これはひじょうに可愛い絵柄です。うちで飼われているエジプト君たちは、とにかくいろんなトカゲを背中に乗せます。乗っかっている方も気持ちいいみたいで、好んで乗るような気がします。乗っかられてる方もまんざらでもない感じで……。



 本種を飼う人は、飼い込むほどに愛着を感じるようになると思います。最初は砂に潜ってばかりなのに、少しずつ姿を見せる時間が増え、やがて人の手から餌をもらうようになる、このプロセスは飼育者にとって好感が持てますね。でも、エジプト君のように人を見ると駆け寄ってくるまでにはならないですね。ただハンドリングについてはエジプト君とちがってずっと容易です。
 また、色彩もなかなか美しく、それも本種の大きな魅力で、飼育者のブログ等でしばしば称賛されています。ブログがたくさんアップされてるってことは、流通量も多いのでしょうね。



 飼育下での繁殖も可能みたいです。スキンクの多くは雌雄の判別が難しく本種も例外ではないのですが、それほど高価でもないので3〜4匹くらい買って帰れば、繁殖に成功するかもです。そのくらいの数なら60cmのケージで充分です。バスキングライトやUVライトはあった方が絶対に良く、そうした設備をするなら1頭の飼育でも60cmのケージくらいは欲しいです。小さなケージでは温度勾配がうまくつけられません。
 スプレーしてやると水もよく飲みます。飲み水を設置するよりスプレーがよいかもしれません。人工飼料を与える際に加水しますが、その時に皿についた水滴をせっせと舐めたりしています。 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM