1_萌萌虫雑記帳.png

キバナセンニチコウ

2016/09/11


 道端に綺麗な花が咲いていました。見なれた雑草とは一線を画する派手な花は、おそらく園芸植物が逸出し野生化したものです。とりあえず写真を撮って帰って調べてみますと、やはりそうでした。北米南部原産の植物で、ヒユ科という聞き慣れないグループに属するそうです。



 日の当たるアスファルトの割れ目に根を下ろしています。かなり過酷な環境でも生きて行けそうな感じですね。乾燥を好む植物だと思われます。



 真っ赤な花がなかなかのインパクトを持ちます。でもキバナ(黄花)センニチコウだし……。



 じつは花のような赤い部分は小苞と呼ばれる器官で、その先端に小さな小さな5弁の黄色い花が咲きます。黄花だぁ。アジサイの萼みたいなものですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM