1_萌萌虫雑記帳.png

チェリーセイジ2

2013/12/12



 今年もいよいよ寒波がやって来ました。筆者の住んでいる山岳地では道路の凍結や雪が心配な空気です。草花の季節もそろそろお終いで、チェリーセイジも最後に一花咲かせようと頑張っています。12月もそろそろ中旬という今頃まで、まだそこそこの花が残っているのはうちの庭では本種くらいで、開花時期が長いと言われるアルカネットよりもはるかに長いです。



 でも、今年は去年よりも遅くまで花が残っているように思います。去年は生育もそれほどではなく、まだ弱々しい低木でしたから、キャパシティも小さかったのかもしれませんね。今年はひじょうによく育ち背丈もかなり伸び、枝葉もかなり増えましたから。



 まだつぼみが残っていますよ。といいつつ葉はかなり落ちてしまい、残っている葉も固く色あせてしまいました。もうしばらくするとツンツンの枯れ木に変じてしまうことでしょう。
 来年の春までに、花を付けた部分の細枝を払ってスッキリさせてやっておけば、来年はまた一層の成長が見られると期待しています。もうちょっと幹がしっかりして、だらしなく広がったりしなくなると申し分ないのですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM