1_萌萌虫雑記帳.png

キバナヒメハナバチ

2016/09/21


 ヒメハナバチの仲間は、ミツバチ上科ヒメハナバチ科に属し、花上で吸蜜しているのをよく見かけるハチです。ミツバチよりもずっと小さく体長は1cmていど、生態的にも原始的でミツバチのような立派な巣は作りません。しばしば花上で密生しているのを見かけますが、ミツバチのような社会性を持つことはないようです。



 ヒメハナバチの仲間も種類が多く似たような形態をしていて種の同定が容易ではありません。腹部の模様と肢のフサフサした毛からキバナヒメハナバチとしましたが、まちがっているかもしれません。



 その名のとおり、黄色い花が好きだとも言われますが、赤い花にも集まっていました。花弁の黄色よりも黄色い花粉に惹かれているような気がします。



 丸っこいお尻が可愛いですね。スズメバチやアシナガバチの仲間とちがって、刺される心配はありません。もっともスズメバチ科の仲間にしたところで、巣に近づいたりしない限り積極的に攻撃してくることはありませんけどね。



 ご近所の花壇で見つけたのですが、うちの庭にはこのハチが来たことはありませんねぇ。ミツバチやアシナガバチが多いです。黄色い花粉をした花が少ないからかもしれません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM