1_萌萌虫雑記帳.png

スペインダンゴムシ4

2016/09/23


 マットに潜り込んでいるばかりで動きも鈍く、ひじょうに地味なダンゴムシでした。メンテナンスのために飼育ケースのフタを開ける度に、もう死滅してしまったのかと思ったほどです。でもマットを掘り返してみると、じっと丸くなっている姿を見ることができました。与えた餌も消費されていました。



 夏場をやり過ごし、細く地味に生き続けています。飼い始めた頃に比べるとあきらかに大きくなりました。それと黄色い紋がよく目立ち始め、個体差も見られるようになりました。



 夏場、通気性を確保する処置をしなくても蒸れて死ぬようなこともなく無事に生き長らえたのですが、繁殖はしませんでした。



 本種の黄紋はちょっぴり蛍光色のように目立つのですが、日本のオカダンゴムシにも似たような紋が生じることがあることが判明し、それほどユニークな模様でもないことが判りました。日本のオカダンゴムシも元々はヨーロッパ由来なので、移入前に交雑があったのでしょうか。それとも最近になって新たな移入種があり、それと交雑してあのような模様が生じるようになったのでしょうか。あれこれ考えても解決できそうにありませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM