1_萌萌虫雑記帳.png

ヨーロッパダンゴムシ8

2016/09/23


 うちへ来てから2度の夏を乗り切りました。去年は手のひらサイズの容器で飼っており、今年は浅いタッパーに変えて表面積的にはひじょうに広くなったのですが、期待していたような大繁殖には至りませんでした。



 本種はもともと体が小さかったのですが、その後もあまり大きくはならず、飼育下の十脚類の中では最小の虫でした。小さくて体色も地味ですが、たいへん元気で繁殖力も旺盛で、なかなか可愛いやつらです。



 若い個体(幼虫)はひじょうに色白で、アルビノかと思ってしまうほどです。



 今年の夏にはたくさんの死骸が見つかりました。うちへ来て1年以上になる個体がそろそろ寿命を迎えた、ということなのでしょうか。去年の夏は暑くてもバタバタ死んで行くことはありませんでしたが。



 まだひじょうに幼い幼虫です。こうして新たに生まれた個体を見つけるのは嬉しいものです。元気に長生きして、また次の世代を育んでもらいたいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM