1_萌萌虫雑記帳.png

ニホントカゲ2

2016/09/23


 日本の代表的なトカゲと言えば、ニホントカゲとニホンカナヘビですが、野山に分け入る機会が減ってしまった今は、カナヘビをほとんど見ません。子供の頃にはカナヘビとよく遊びましたけどね。平地にはカナヘビの方が多いようで、捕まえて飼ったり、庭に放して定住させたりしていました。庭に放つとけっこう長い間そこで暮らしていたものです。
 子供の頃は、山にハイキングに行った折りにニホントカゲを見つけました。最近では近所で見かけるトカゲと言えばこちらの方で、カナヘビにはもうずいぶん長く出会っていません。



 カナヘビもトカゲも日中はよく日光浴をするので、ヘビに比べると見つけやすいです。個体数もヘビより多いですし。



 仕事帰り、公園横の植え込みで見つけました。青い美しい尻尾は幼体の特徴ですね。刺激しないようにゆっくりと近づき、写真を撮ります。



 尻尾の青い色は成長するにつれて次第に失われます。幼体だけがなぜやたら目立つ色をしているのかは、よく解りません。尻尾に天敵の注意を引きつけ、最悪の場合は自切して逃げるためでしょうか。



 野生個体はひじょうに注意深いので、どんなにそっと近づいてもやがて気づかれ、逃げられてしまいます。捕獲して飼おうとか考えている人は、見つけたら猛然と襲いかかり、トカゲに逃げるすきを与えなずに捕獲するのがよろしいかと。餌で釣ったり、逆さにした容器に誘い込んだりする方法もあるようですが、トカゲ採りの名人はどんな方法を用いるんですかねぇ。
 トカゲの飼育には充分な知識が必要です。無知のまま飼うと、ケージの中に干からびた死骸を見つけることになります。上手く飼う自信のない方は手を出すのをあきらめて、ペットショップに行ってお店の人にレクチャーしてもらいましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM