1_萌萌虫雑記帳.png

ウラナミシジミ

2016/09/23


 シジミチョウの写真を撮りました。筆者がチョウの写真を撮るなんてひじょうに珍しいことです。ちょうどおあつらえ向きに静止していて、近づいても逃げないでいてくれたからです。よく目にするモンキチョウやタテハチョウ、イチモンジチョウはみんなスルーしています。辛抱強く待っていればシャッターチャンスが訪れるかもですが、辛抱強く待つことが筆者には至難の業です。



 ご近所でよく見かけるシジミチョウです。翅を拡げると表面は水色です。静止したまま翅を拡げるようにお願いしたのですが、ケッと言われました。そのまま飛んで行ってしまいました。
 ツバメシジミもよく似ていますが、後翅裏面の黒い点刻がもっと目立ちますし、オレンジの紋の位置も少し異なります。
 ウラナミシジミは、アジアからアフリカ、オーストラリアにまで広く分布し、日本では温暖な地方では年中見られますが、寒冷地では夏から秋にかけて見られるそうです。筆者の家は山岳地にあるので冬から春ではあまり見かけません。真夏にもあまり見ない気がします。秋が最も多く見られる季節なんじゃないでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM