1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメモノアラガイ

2016/09/30


 モノアラガイということで先月の下旬に入手したのですが、1ヶ月以上が経過した今もあまり大きくならないので、ヒメモノアラガイではないかと思います。モノアラガイであれば成長すると殻高が2cmくらいにはなるはずですが、今でもその半分くらいのサイズです。



 見た目も大きさもサカマキガイそっくりです。生態や棲息環境もほぼ同じです。流れのある川などは苦手で、浅い止水域が好みのようです。沖縄から北海道南部にまで棲息しますが、外来種であるサカマキガイとの競合に負けて数が減ってきているとも言われています。



 同時に飼育中のサカマキガイと一緒にすると判らなくなるので、本種はインドヒラマキガイの金魚鉢に入れています。水を足したり換水したりすると水から逃げ出しそのまま干からびて死んでしまうことがよくあります。他の巻き貝でもたまに見かけますが、本種はそれが多いです。



 左が本種、右はサカマキガイです。殻の巻いている方向が逆ですね。
 夏場は水温がひじょうに高くなるので、ほとんど繁殖は見られませんでした。今後は繁殖が促され、脱走による自殺が減ることを期待しているのですが……。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM