1_萌萌虫雑記帳.png

ローズマリー2

2013/12/12


 今頃になって、ローズマリーの花が咲きました。最近の異常気象で、草花の狂い咲きはあまり珍しくありませんが。今日の気温が最低で3℃まで下がり、日中も7℃までしか上がらなかったのですが、それ以前がかなり暖かかったですから、咲き始めたものは仕方がないということで、とりあえず咲いてみたようですね。
 これは……ミスジェサップローズマリーです。前回よりも綺麗な写真が撮れたので良かったかな。



 日本や北米の爬虫類や昆虫類の冬眠のボーダーラインはおおむね15℃です。ところが冬眠中のヘビなどは10℃以下でも動き出して水を飲んだりすることがあります。気温が下がってきて15℃あたりでとりあえず休眠体勢をとるのですが、低温から10℃近くまで上がったりすると、動き出すことがあるのです。草花の狂い咲きも同じような原理じゃないでしょうか。開花シーズンでは考えられないような低温であっても、温度の上昇幅がそこそこ大きくて最近の気温としては高温が続いたりすると、つぼみが膨らんでしまうとか。
 春の開花に備えてすでにつぼみを持ってるってことですよね。ローズマリーは細かくて柔らかそうな葉をしていても常緑植物です。寒い季節でもなかなかみずみずしい葉を保っていて、それはそれで素晴らしいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM