1_萌萌虫雑記帳.png

トガリチャバネセセリ

2016/10/28


 よく目立つ美しい色彩の翅を持つことが当たり前のチョウの仲間にあって、セセリチョウ類はかなり個性的です。世界の地味なチョウコンテストに出場すれば上位入選はまちがいなしですね。昆虫についてよく知らない人は、セセリチョウのことを蛾呼ばわりしたりします。ガチョウなんて呼んでいる人もいました。
 もっともセセリチョウ類でも地味なのは一部で、多くは一般的なチョウ並みに綺麗な模様を持ちます。



 せっせと吸蜜中ですが、ストロー状の口器を頻繁に動かすので、蜜のなさそうなところをさぐったりしています。落ち着きがないです。



 翅の裏面の白い点々が消失的であることと、前翅の先端がややとがっているところから、トガリチャバネセセリだと思うのですが。チャバネセセリと共に地味チョウの代表です。



 若い頃、テニスをしていると、1頭のセセリチョウがコートに迷い込んで、ど真ん中に止まり、ボールが飛んでくる度にそれを追いかける遊びをしていました。テニスボールの速度には点いて行けないので、すぐにあきらめて元の地面に着地し、再びボールが近づくと追いかけます。そういうのを延々と繰り返していました。黄色いボールが花に似ていて気になったのでしょうか。ずいぶん楽しそうでしたが、とても不思議な光景でもありました。
 これを見たのは1度きりではありませんでしたから、セセリチョウにはそうした習性があるのでしょうか。悪くするとプレイヤーに踏んづけられて一貫の終わり、とても危険な遊びです。

 セセリチョウの仲間も他のチョウと同じく、幼虫は植物の葉を食べ、成虫は花の蜜を吸います。同じ生態を持つのに、この仲間だけどうしてこれほど地味な色合いになったのでしょう。セセリチョウに言わせれば、派手な模様の他のチョウたちの方が不自然なのかもですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM