1_萌萌虫雑記帳.png

シモフリスズメ3

2016/11/04


 少し前の話しになりますが、先月下旬に行なった庭の雑草抜きで1つ可愛い収穫がありました。毎年大きな花をたくさん咲かせるゴールデンハニーサックル(スイカズラ科)にでっかいイモムシがくっついていたのです。
 うちの庭でも大型のスズメガが育つようになったかぁ。ちょっと感動でした。幼虫はせっせと葉を食べているところでした。



 尾部に長くとんがった尻尾があるこの形状は、あきらかにスズメガですね。それにしてもゴールデンハニーサックルの葉を食べて育つなんて、日本の虫なのに洋食嗜好ですね。



 ネットであれこれ検索してシモフリスズメの幼虫と判断したのですが、この個体は茶色の部分が極端に多く、同定を不安にさせます。本種としてはあまり食べ慣れない植物で育ったせいもあるのでしょうか。



 頭部のクローズアップ。可愛いですね。



 シモフリスズメの食草は、シソ、オリーブ、ネズミモチ、トネリコ、キリ、サカキ、ナスなどで、なかなかの広食性を示しているようです。ほかにもイボタボキ、クサギ、ノウゼンカズラといった植物も挙げられていました。
 今月になると季節はめっきり冬めいてまいりました。この幼虫も今頃は地中に潜って蛹化し、越冬体勢に入ったことでしょう。子供の頃、遠足でイモ堀りをし、万年筆のような形のでっかい蛹がワラワラ出てきて大いに感動したことを思い出します。公園の生け垣のネズミモチの下でも同じような蛹を見つけました。
 大型のスズメガの蛹は、口吻の部分だけが独立的で、万年筆のクリップの部分のようになっています。うちの庭の地中に茶色の万年筆が埋まっていると思うと、なんか笑えます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM