1_萌萌虫雑記帳.png

タカサゴユリ3

2016/11/06


 10月上旬に青い実を1つ摘み取って持ち帰りました。本当は実が枯れて茶色になってから摘みたかったのですが、道端や公園の縁に自生しているタカサゴユリが雑草として刈り取られたり、実だけがなくなっていたりしてどんどん姿を消していくので、うかうかしているとなくなってしまう可能性が高かったのです。



 持ち帰った実はほぼ1ヶ月みずみずしい緑を保っておりましたが、11月に入って急に色が悪くなってきたと思いきや、それから日に日に色が悪くなり数日で茶色く干からびてしまいました。



 中を見てみましょう。パキッと折ると中からたくさんの種が出てきました。写真に写っているもので3分の2ていどで、まだずいぶん鞘の中に種が残っています。これだけあると数える気もしませんね。



 ひとつひとつの種はととえも薄く扁平です。静電気を帯びていてものにくっついて離れません。動物にくっついて遠くまで運ばれる仕組みになっているようです。また扁平で紙のように軽いので、微風でも飛んで行ってしまうでしょう。
 種は、静電気で動物にくっつくのと、風にはこばれるのと、2通りの方法で広範囲に散布されるようになっているわけです。
 土着して芽吹いた新たな苗は、2〜3年かけて球根を太らせ、また立派な花をつけることになります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM