1_萌萌虫雑記帳.png

ヤシガニ4

2016/11/25


 寒暖を繰り返しながら季節は確実に冬に近づきつつあります。関東地方では早々と積雪をともなう寒波を経験しており、生き物の飼育にとっても厳しい季節がやってまいりました。うちでは近年は温室の温風ヒーターを20℃に設定して冬をやり過ごしているのですが、南国育ちの動物たちにとっては少々低すぎる温度だと思います。東南アジアやオーストラリア産の爬虫類、昆虫ほかの節足動物では、これまでのところこの温度でも無事に過ごしていますが、ヤシガニはどうでしょう。



 飼育温度の低下にともなって餌食いも悪くなってまいりました。急に気温が下がった秋口に比べると、暖房を使用してからの方が食べている気がしますが、給餌ペースは10日ごとていどに下げています。
 相変わらずの暴れん坊ぶりで、120cmケージを1頭で独占するという贅沢ぶりにも関わらず、餌皿や水皿をひっくり返してばかりいます。



 昆虫マットを敷いて充分に加水しているタッパーに入っている姿も見かけるようになりました。そうしてコルクバーグを頭からかぶっています。筆者の希望としては、ここに定住してほしいところです。
 ヤシガニの飼育では、充分な飼育温度よりも脱皮時の充分な湿度の確保がネックになるのではないかと思われます。脱皮さえクリアできれば頑健で飼いやすい動物です。脱皮には海水が必要という人もいますが、その理由が解りません。おそらく棲息環境に近づけた方がよいということなのでしょう。ヤシガニの脱皮頻度については知識がありませんが、うちへ来てから3ヶ月、まだ脱皮は経験していません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM