1_萌萌虫雑記帳.png

ミクロミトラ

2016/12/02


 その名が示すようにひじょうに体長数ミリの小さな生き物で、腕足動物門の仲間です。二枚貝のような殻を持っていますが、二枚貝のように砂の中に潜ったりするよりも、岩や海綿動物などに固着して暮らしていたのでしょう。



 5億800万年前(カンブリア紀中期)カナダ、ブリティッシュコロンビア州(実物)



 展示されていた復元図では、長い繊毛あるいは触手のようなものが見られますが、これで水中に漂うデトリタス(水中や水底の生物の残骸)や微生物を捕獲していたのでしょう。もっともこの毛はイソギンチャクのそれのようには発達しておらず、水流から獲物を濾しとる役割を果たしていたと思われます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM