1_萌萌虫雑記帳.png

アイシュアイア

2016/12/04


 長形の体にイボイボの歩脚があり、歩脚の先には長い爪がついています。頭部には1対の触角があり、海底をモソモソと歩きながらカイメン等を食べていました。体長は5〜6cmほど。有爪動物門の仲間です。体や触角、歩脚にはバンド状の構造が見られ、一見すると節足動物の多足類(ムカデやヤスデの仲間)にも似ており、節足動物の祖先型という考え方もあるようです。



 アイシュアイアの形態を今に伝える有爪動物の仲間が今でも生きています。カギムシの仲間です。カンブリア紀の有爪類は、すべて海生ですが、現生のカギムシたちは陸生で、小さな虫を捕食します。



 筆者もカギムシの飼育経験がありますが、他に類を見ないひじょうに個性的な動物です。節足動物の体節構造に見えるバンド状の凹凸を持ちながら、体節は存在せず、環形動物のように柔らかく無防備な体をしています。ただ、環形動物よりも皮膚は丈夫に見え、乾燥への適応も進んでいる感じがします。虫を捕食するための大腮を持つところも、環形動物と異なります。ただし節足動物の大腮とは少しちがった感じです。
 アイシュアイアの下位分類は、ムカシカギムシ目アイシュアイア科とされており、現生のカギムシの直接的な祖先に当たります。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM