1_萌萌虫雑記帳.png

マンチコセラス

2016/12/18


 デボン紀のアンモナイトです。小型でオウムガイに似た殻をしています。
 波状の模様は、殻の表面についているものではなく、外殻をはがした時に露出する殻内を仕切る構造なのだそうです。



 同じデボン紀のアンモナイトでも、前項のアネトセラスとちがい、しっかりと殻が巻いています。アネトセラスはチョッカクガイのようなまっすぐな殻を巻き上げていったように見えますが、本種を見ていると、現生のオウムガイのように祖先からもともと巻き貝だったんじゃないのか、と思えてきます。両方の進化系統が存在するとなると、アンモナイトという名称は、デボン紀以降の有殻頭足類の多系統で構成されるグループに与えられた呼び名ということになります。実際、どうなのでしょう。ご存じの方はぜひ教えてください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM