1_萌萌虫雑記帳.png

コッコステウス

2016/12/25


 デボン紀中期から後期にかけ、淡水域でくらしていた小型の甲冑魚です。体長は20〜25cmで、中には40cm近くになるものもいたようです。ボトリオレピス同様有名な板皮類で多くの化石が見つかっています。



 ネット上で検索してみますと、本種の場合は全身化石が多く記載されています。ボトリオレピスが硬質の上半身化石が多いのに対して、本種では全身化石が多くなるのは、それだけ丈夫な体を持っていたということなのでしょうか。それとも上質の化石が得やすい堆積物の中に多く死骸がまぎれこんだのでしょうか。ミステリーです。



 上半身を含め立体的で、偏平な体つきのボトリオレピスに比べてより魚らしいフォルムをしています。胸びれも遊泳に適した形状に見えます。尾ひれはあまり発達しておらず、尾骨が尾ひれの先端にまで達していますが、これは現生の多くの魚たちにしてみれば変っていますが、現生の扇状に綺麗に広がった尾ひれを持つ仲間は、魚の歴史の中では比較的新しく、過去の魚たちは基本的にこうした形状の尾ひれ(あるいは尾)をしていました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM