1_萌萌虫雑記帳.png

イクチオステガ

2016/12/30


 グリーンランドで見つかったデボン紀後期の有名な化石です。体長は1.5mほど。かつては最古の両生類とも言われていましたが、その後さらに古い四肢動物がいくつか見つかっています。



 本種を含む初期の四肢動物を両生綱ではなく、魚類の肉鰭綱の下位に分類する場合が多いようですが、筆者としては四肢動物とするなら両生類であると定義してほしいと思います。分類学は学派によっては子孫の一部を含まない側系統を認めない考え方がありますが、そんなこと言ってたら爬虫類も哺乳類も魚類の仲間になっちまいます。



 肉鰭綱の中の両生類の祖先型である魚類は、ヒレでバランスをとりながら尾で泳いでいましたが、イクチオステガでは尾がバランサーになり、足が推力を産みました。皮膚も空気中での乾燥にあるていど耐えられるように表面が体液で覆われ、呼吸は肺に依っていました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM