1_萌萌虫雑記帳.png

ディメトロドン

2017/01/04


 ペルム紀前期に栄えた単弓類です。全長は3.5mに達し背中に巨大な帆を備えていました。この帆は体温調節のためのラジエーターの役割を果たしたほか、繁殖期のディスプレイとしても活躍したとも言われています。



 腹ばい姿勢の敏捷性に欠ける形態をしていましたが、当時の生活環境には機動力はそれほど必要なかったのでしょう。背中の大きな帆も機動力の妨げになっています。肉食性で小型の動物を捕食していたようです。
 ペルム紀前期という時代に体温調節という哺乳類的な発想があったことが驚きです。単弓類の仲間は、このころすでに爬虫類とはちがった進化の方向性を持っていたわけです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM