1_萌萌虫雑記帳.png

ヒラコドン

2017/01/22


 アメリカ サウスダコタ州出土の奇蹄目サイ上科ヒラコドン科の草食獣です。
 四肢に蹄(ひづめ)を持つ動物群を有蹄類と呼称することがありますが、これは分類学上の奇蹄目と鯨偶蹄目を総称した呼び方です。じつは両者はまったく別系統の動物群で、有蹄類というくくりは分類学上は意味をなしません。
 奇蹄類は、平原を駆けるのに適応するために蹄を進化させた仲間ですが、もともと5本指であったものが中指を中心に両端から消失してゆき、最終的には中指1本になりました。サイの仲間では足の指は3本、さらに進化したウマの仲間になると指は1本です。



 現生のサイたちは、ずんぐりした重量級の体躯に頭部の大きな角が特徴ですが、ヒラコドンには角がなく足が長く体形もかなりほっそりした、小馬のような動物でした。
 ヒラコドン科の仲間には、パレケテリウム(インドリコテリウム、古くはバルキテイルムとも)という体長約10m体高7mという史上最大の陸生哺乳動物がいました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM