1_萌萌虫雑記帳.png

ダーウィニウス

2017/02/01


 ダーウィニウス・マシラエ。イーダの愛称で知られるドイツ ヘッセル州出土の原始的な霊長類の化石です。現生のメガネザルのような生き物ですが、四肢の指が長く枝や獲物をつかむことが上手く、樹上を素早く移動したり枝から枝へ飛び移ったりすることができたようです。



 夜行性で大きな目は正面を向き、ものを立体視することができました。それによって獲物までの距離を計って、昆虫などに飛びついたりしたのでしょう。



 立体視は、ハンティングだけに有効であるわけではなく、枝が複雑にからまる樹上環境で行動するのにも有利でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM