1_萌萌虫雑記帳.png

ライノセスバイパー

2017/03/19


 本項に記載する種は、環境省の特定動物の指定を受けており、一般家庭での飼養は禁止されています。

 リバージャックの異名を持ち、泳ぎも上手く哺乳類や大型のカエルを待ち伏せて捕食します。同属のガボンアダーに似ていますが、ガボンほどは大きくはならず、全長50〜100cmていど。一見派手に見える独特の模様は、落ち葉の中にまぎれる場合には絶妙な保護色になります。基本的に徘徊性ですが木に登ることもあるようです。アフリカ中西部に分布し、多雨林や川辺に棲息します。胎生で一度に5〜40頭を仔産すます。



 ふと短い、ずんぐりとした体形は典型的な徘徊性のものですが、木にも登るそうです。ただ、樹上の獲物を捕らえるのはそれほど得意ではないと思われます。



 全体的に暗色ですが、よく見るとけっこう派手な色彩をしています。鼻先には小さいけれどよく判る角状突起があります。



 鼻先の突起は見る角度によって形状が違って見えますね。



 これは脱皮直後の写真だったと思います。色彩がひじょうに鮮やかです。



 背中に並ぶ模様がひじょうに個性的ですが、模様の形状は Bitis属の仲間ではおおむねこんな感じです。美しい曼荼羅模様ですが、落ち葉の中に埋もれると保護色効果は抜群です。



 ちょっと判りづらいですが、マウスに襲いかかったところです。
 体長は短くても太くて体重があり、注入する毒の量は少なくありません。出血毒で、毒性はそれほど高くないとも言われていますが、咬まれるとひじょうに危険です。
 ライノセスアダーと表記されていることも多いです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM