1_萌萌虫雑記帳.png

ヒメシロモンドクガ3

2017/06/07


 昨年、虫とり名人様より送っていただいた幼虫を、なんと家の近所で見つけることができました。去年は送っていただいた輸送中に蛹化してしまい、幼虫は虫とり名人様がとった写真で見ただけだったのですが、今回は実物を肉眼で見ることができました。

1


 一見してすぐにそれと判る個性的な容姿です。鮮やかとしか言いようがありません。

2

 体側から外側に突き出したたくさんの毛は防御用って感じですが、背中の毛束にはどんな役割があるのでしょう。触ってみるととても柔らかいです。

3

 前胸から前方に突き出した毛は黒いです。触角の役割をしそうですよ。

4

 背中から上方に突き出した黄毛の束は、4列あります。前から2列目の毛束の体側からは、先端が丸くなった黒毛の束があります。この写真ではピンボケですが、

5

 背面から見ると、丸い毛先の黒毛の束が1対左右に突き出しているのが判ります。

6

 幼虫を発見した翌々日にも同じ場所にいました。あまり動き回らない虫ですね。そろそろ蛹化が近いのでしょうか。もっとも飼育下ではガの幼虫は蛹化の場所を求めて動き回りますが。
 さらに2日後に見に行くと、その姿はなくなっていました。どこか別の場所で蛹化したのかもしれません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM