1_萌萌虫雑記帳.png

ヤイトムシ

2017/06/15


 ヤイトムシ目の仲間は、日本では南西諸島に数種類を産するのみというマイナーな蛛形綱(クモ綱)の仲間です。蛛形類はクモの仲間とダニ類が世界中に爆発的な繁栄を見せているのに対して、他の仲間は少数派です。クモ類に次いでサソリ類、サソリモドキ類がよく知られていますが、これらも日本では沖縄地方でしか見ることができません。世界にはウデムシ類、ヒヨケムシ類といった大型種や、クツコムシ類、コヨリムシ類といった小さな仲間もいます。また、本州ではクモ類、ダニ類のほかにザトウムシ類、カニムシ類が生息しています。(上記の類はグレード上の目に相当)

1

 筆者にとっては伝説の、あるいは幻のヤイトムシです。今回通販で入手した個体は、体長が4mmほどの幼い個体で、肉眼では黒っぽいアリンコのようにしか見えません。写真に撮って拡大してみると、その独特の容姿が出現しました。

2

 スリムなハエトリグモの仲間にも似ていますが、腹部はサソリモドキのようです。

3

 口器の近くにはサソリのような鋏角が見られます。

4

 捕食者らしい形態をしていますが、なにせ小さいので、微細なダニ類やトビムシあたりを食べているのでしょうか。あるいは虫の死骸もあさるのでしょうね。
 かなり敏捷な動きをすると聞いていましたが、そうでもありませんでした。

5

 飼育には試験管だと深すぎてメンテが大変そうなので、小さなプリンカップを用います。餌はつぶした虫を与え、シェルターとして小さな葉を入れておきます。乾燥には弱そうなので、ティッシュを敷いて水をスプレーしておきます。飲み水にもなりますし。ただ、びちゃびちゃにしてしまうと微細な虫なので溺れたり、身動きが困難になったりしそうです。なかなか扱いが難しそうだ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM