1_萌萌虫雑記帳.png

エラフスホソアカクワガタ2

2017/06/19


 エラフスを入手するのは18年ぶりです。かつてはひじょうに高価な野生採集個体のみ入手可能で、成虫の長期飼育さえ困難でした。現在は日本でも多数ブリードされていて、ずいぶん安価になりました。昆虫業界は今なおひじょうに熱いですね。

1

 メスです。全長32mm、けっこう大きいと思いました。

2

 ひじょうに点刻が多いですね。クワガタのメスは点刻が多いものですが、これはわけて多いです。

3

 正面図。大腮も立派です。繁殖時にはいい仕事しそうですね。

4

 オス、89mm。大きいものでは100mm級になるエラフスとしてはそれほど大きな個体ではありませんが、それでもたいへん立派です。90mmを越えると価格はどんどん高くなり、100mm級では6〜7万円といったところ。

5

 わずかに90mmに届かないこのオスでも本種の大型オスの特徴がよく現れています。すなわち大腮の基部にたいへん目立つ黄紋がよく目立っています。

6

 前回18年ぶりに飼っていた個体との比較。矢印の部分、黄紋の有無が明瞭ですね。

7

 側面図。立派です。

8

 頭部のズームアップ。目玉がこぼれ落ちそう。

9

 腹面図。大腮基部の黄紋は腹面側にもあります。後胸から腹部は金属光沢が美しいです。

10

 エラフスの飼育は、日本のミヤマクワガタと同様だと思われます。低温湿潤の森林のような環境を維持できれば、長生きさせられるかもしれません。
 繁殖については余裕ができれば考えます。当面は雌雄別々に単独飼育にします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM