1_萌萌虫雑記帳.png

ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ

2017/06/19


 むかしから有名なクワガタですが、飼育難易度が高い虫としても有名でした。東南アジアの熱帯域の動物でも高山性のものは日本の暑さには耐えられません。かつては飼育にはエアコンが必須と言われていました。また、繁殖困難種でもありましたが、近年はカワラダケを用いた方法によりブリーディングがかなりポピュラーになり、数千円台のペアが市販されるようになりました。
 オウゴンオニクワガタには、モーレンカンプ、ローゼンベルグ、モセリ、ババイといった地域亜種があるようです。日本ではもっともポビュラーなのがローゼンベルグで、入手しやすいです。高難易度の高い珍虫をここまでにした昆虫業界の研究努力恐るべしです。

1

 メスです。黒っぽい体色で黄金に輝く本種の特徴は見られません。オウゴンオニと言えばどの個体も輝いているというわけではないようです。

2

 メス頭胸部側面図。このメスで全長49mm、同時に入手したオスは64mmですから、雌雄のサイズ差はそれほど大きくありません。

3

 オスです。メスよりもいくぶん光沢が見られます。大腮の形状が個性的です。

4

 オス頭胸部側面図。

5

 オス正面図。

6

 オスの上半身ズームアップ。本種独特の光沢が見られます。オスの色合いは個体変異が激しいようです。

7

 当面の間は単独飼育です。繁殖への挑戦は未定。通常のクワガタの産卵セットでは不可、カワラダケが必要とのことです。

8

 通販の見本写真はこんな感じでした。見本写真とちがうなんて文句は言いません。安価なセール品でしたから。ただ、こういう美しい個体もいるという参照として記載させていただきました。すごいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM