1_萌萌虫雑記帳.png

サツマゴキブリ14

2017/06/22


 昨年の記録によると、越冬を終えた際にはいずれも幼虫で、成虫の姿は見当たらなかったとありますが、今年は、越冬後に様子を見たのが遅かったせいかもしれませんが、すべて成虫になっていました。



 本種が幼虫か成虫どの形態で越冬するのか、文献を見つけることができないので、何とも言えませんが、去年の記録では成虫形態での越冬はなかったようです。しかし今年は成虫のみで幼虫の姿が見当たりませんでした。幼虫で越冬し、春以降に成虫まで成長したと考えることもできますが、飼育環境がひじょうに乾燥した劣悪な状態(筆者の管理不行き届き)だったので、冬眠明けの幼虫たちの加令が順調に進んだとは考えにくいです。であれば、今年は成虫形態で越冬し幼虫はいなかったということになります。
 去年と今年のこの差は何なのでしょう。繁殖時期の差で、一昨年はうちで繁殖した幼虫たちが成虫になる前に冬が到来し、それまでに成虫たちがたまたま死滅していた、去年は越冬までに羽化できない時期の繁殖はなく、冬までにすべて成虫になっていたということなのでしょうか。
 同時に飼育中のオオゴキブリでは、成虫も幼虫も混在していました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM