1_萌萌虫雑記帳.png

サカマキガイ4

2017/07/04


 冬の間、放ったらかしにしてあった、貝やゲンゴロウ、ヒルたちの水槽を5月になってようやく清掃しました。みなさん平然と健在だったので、安心したり驚いたりだったのですが、サカマキガイに関してはごくわずかな個体しか見つけることができませんでした。しかし最近になって稚貝が増えてきて復活の兆しが見えてきました。

1

 元気に這いまわる稚貝たち。殻径は3mmていどです。

2

 ナベブタムシに狙われている? 冷凍アカムシをよく食べるナベブタムシですが、サカマキガイも彼らの餌食になってしまうのでしょうか。

3

 6月中旬以降、水槽内で稚貝の数が増え続けています。ナベブタムシやウマビルの迫害をものともせず、勢力を拡大しつつあります。頼もしいですね。

5

 これは親貝です。なかなか姿を見ることができません。隠れるのが上手なのでしょうか。単に数が少ないだけかもですが。これまでサカマキガイを飼ってて、彼らが物陰に潜むというケースは見たことがありません。彼らは自らの殻を信用し、堂々とのろのろとガラス面を歩き回るものです。敵が多い水槽では隠れることを学ぶのでしょうか。

4

 この度、少量ですが、親貝を入手できました。たくさん増やしたいところですが、サカマキガイの繁殖のコツは意外と解りません。どんどん増えることもあれば、急速にいなくなってしまうこともあります。インドヒラマキガイのようには長く安定しない感じです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM