1_萌萌虫雑記帳.png

ヤマトシロアリ11

2017/07/06


 飼育中のヤマトシロアリですが、朽木に菌類の菌糸が蔓延し(たぶんカワラダケ)虫たちの数が大幅に減っています。ヤマトシロアリは何らかの理由で突然衰退してしまうことがよくあります。餌になる木が減ってきたので新しいものを追加してやると、それが衰退を招くこともあります。何年も飼い続けるにはどうしたらよいのでしょうね。

1

 これは先月、コウシュンシロアリと一緒に沖縄から届いたヤマトシロアリです。コウシュンを見たあとだと、ずいぶん小さな虫に見えます。

2

 わいてますねぇ。巣の中の個体数はひじょうに多く、そのほとんどが擬職蟻すなわちワーカーです。それに混ざって兵蟻の姿も見えます。ニンフは見当たりません。

3

 ヤマトシロアリのワーカーたちは、複眼を持たないそうです。暗所での生活なので視力は必要ないのでしょう。このコロニーはしばらくの間は送られてきた状態のまま、小さなシャレーで管理します。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM