1_萌萌虫雑記帳.png

ギフチョウ9

2017/07/06


 去年育てた蛹の羽化の時期を読み誤って準備が遅れ、羽化を失敗させてしまったので、雪辱戦ということで蛹を入手しました。春には卵や幼虫がネットオークションにも出ていたのですが、その頃ちょっとばかり忙しくて飼育が面倒だったので、蛹を送ってもらうことにしました。

1

 送ってもらった蛹には、イエローバンドと書いたラベルが貼ってありました。ギフチョウも盛んにブリードされ、いくつかの品種が作出されているのでしょうか。それとも地域変異の黄色が強い個体ということでしょうか。

2

 例によって、背面図、側面図、腹面図です。蛹はティッシュで包み、タッパーに入れてこのまま来年の春まで保管します。去年の経験で管理中の水分については気にしなくてもよいと解っているので、そのまま放置しておきます。下手に加湿してカビが生じると怖いですし。夏場の暑さは危険なのでなるべく冷暗所を選びます。ギフチョウはその生涯のほとんどを蛹で休眠しています。カゲロウよりもはかないです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM