1_萌萌虫雑記帳.png

カナブン12

2017/07/25


 筆者の家は山間に位置し、勤務先もけっこう自然が豊かなところで、こちらから求めずとも虫たちがやって来ます。そうしたなか、カナブンは意外にも待ってても飛来しない虫のひとつです。大型の昆虫ではクワガタやシロスジカミキリ、カブトムシまで飛来するのに、カナブンは来ませんねぇ。多くの虫たちが灯りに惹かれるのに、カナブンはあまり興味がないのでしょう。

1

 この子はうちへ飛来した初めてのカナブンです。時間的には午前11時、灯火に惹かれて来たのではありません。さりとてカナブンが生息地の林を離れて遠くまで飛んでゆくことはあまり聞かない話しなので、人やけものにでもくっついて来たのでしょうか。

2

 うちから1キロ足らずのところに、彼らの生息地があります。そこにはカブトムシやオオゴキブリも棲んでいますが、カナブンだけは林の外で見たことがありません。他のハナムグリの仲間はちょくちょく見かけますが。

3

 カナブンは茶色一色の単調な虫ですが、色彩変異がひじょうに多彩で、昆虫愛好家の間では人気の高い虫です。飼育繁殖も容易で、なかなか楽しめます。ただ、成虫の期間が短いので、産卵のあとは幼虫の飼育が延々と続きます。自宅で羽化させた成虫を繁殖に関わらさなければ長生きすると思いますが、飼育者としては繁殖もさせずに飼い続けることはつまらないでしょうね。

4

 当ブログの2014年の記述を参照くだされば、カナブンのさまざまなカラーバリエーションをご覧いただけます。多彩な色彩変異個体を標本箱にずらりと並べれば、たいへん価値あるコレクションになると思いますが、標本は管理が面倒なので最近は作らなくなりました。写真だけで満足しています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM