1_萌萌虫雑記帳.png

プラックキラーヒヨケムシ2

2017/08/01


 飼育を始めて1ヶ月ほどが経過しました。飼育環境にも慣れたと思うのですが、餌食いは今イチです。同じ餌を与え続けると食べなくなる、食べているところを邪魔されると拒食する、そんな記述を見たことがありますが、実際になかなか神経質なようで、食いムラがかなり激しいです。食いムラがあるのは、サソリやクモも同じで、理由はよく解りませんが長期間食べないことは珍しくないので、心配しても仕方がないです。

1

 基本的に地中を掘り進み、けっこう長い洞窟を作ってその中にいます。巣穴への出入り口は2カ所ほどあります。地表にも土を掘り返した跡がいくつも見られます。巣穴を掘りはじめる位置を模索した跡なのか、餌を探すためなのか。掘り返した跡は、水皿の縁やケージの壁面に沿っています。

2

 シェルター用に置いてあるコルクバーグの下に、巣穴への入口があります。

3

 コルクバーグをそっと取り除いてみると、ヒヨケムシを発見。巣穴の入口にいる時に虫を与えると食べることが多いです。

4

 小さなレッドローチを与えてみました。この時は興味を示して鋏角でくわえてみたりしたものの、食べることはありませんでした。

5

 ケージの側面から巣穴の様子を見たところ。

6

 コルクバーグを取り除いてしばらくすると、ヒヨケムシは巣穴から出てきて、周りの土をかき集めて押し出す作業を始めました。

7

 巣穴の入口付近をもう少し深くしようとしている、そんなふうに見えます。シェルターがなくなったので不安になったのかもしれません。

8

 前肢(歩脚)で土をかき集め、ブルドーザーのようにそれを押し進め、その動作を数回繰り返すうちに、巣穴の入口付近が天井のない坑道のようになりました。

9

 作業はけっこう長い間続きましたが、あまり意味のある行動のようには見えませんでした。そのうちこっちが見るのに飽きて、コルクバーグを元通りに戻しておきました。

10

 これは巣穴に続く別の入口です。巣穴への入口が1つじゃないところは、ある意味ユニークで、穴を掘るクモやサソリと異なります。
 2015年に飼っていたイエロージャイアントは、歩脚がとても長くて土を掘るのは得意ではなさそうでしたが、本種の短めの肢は掘削に向いているようです。穴を掘るのがひじょうに上手です。

 ブラックキラーなどという獰猛で危険なイメージを抱かせる名前とは裏腹に、温厚で可愛らしい虫です。サイズ的には虫としては大きい方で、かなり大きな生き物でも捕食すると言われていますが、ブヨブヨして柔らかい腹部を引きずって機敏な動きをすることはちょっと考えにくく、この虫がどれほど優れたハンターなのかは見てとれません。柔らかい腹部は餌を食べると大きく膨らむのだそうです。採れる時に採って腹に貯めておこうという砂漠や荒れ地での暮らしぶりを思い起こさせます。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/08/03 7:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM