1_萌萌虫雑記帳.png

グロースポットローチ

2017/08/05


 南米のベネズエラとその周辺国に生息するゴキブリで、前胸背板の2つのオレンジ色のスポットが美しいです。成虫は有翅ですが、小さく退化しており飛翔能力はありません。
 ネット上で飼育繁殖を手がけている方の記事を読むと、湿度的にはあるていど乾いていても問題ないとのことでしたが、朽木を好んで食べると言うので、オオゴキブリのようにマットに朽木を埋め込んだ飼育環境が良いかもしれません。
 卵胎生のようですが、繁殖力はあまり強くないらしいです。

1

 ひじょうに個性的な容姿をしていますね。これは成虫です。翅が退化的ですが、ヒッシングローチのように無翅になるほどは退化していません。

2

 加湿した腐葉土(あるいは落ち葉)を入れておくと好んで潜り込んでします。腐葉土も彼らの食料になると思われます。

3

 サイズ的にもかなり大きく、日本のオオゴキブリを上回るていど。なかなか見ごたえがあります。

4

 ゴキブリは雑食性の生き物という認識が強かったのですが、多くの種が朽木や腐葉土を好んで食べるようです。分類学的にはシロアリと近縁で、両者をまとめてゴキブリ目と分類する考え方もあるようです。シロアリは朽木食いとして知られていますが、ゴキブリがその近縁の仲間であるなら、彼らもまた朽木を好むことも納得できますね。
 最近は市場に出回るペットローチの数も驚くほど増えましたが、日本のヤマトゴキブリ等にならって雑食性動物として飼うよりも、まず朽木や昆虫マットを用意してやり、補助的に昆虫ゼリーやドッグフード、熱帯魚フード等を与えるようにするのもよいかもです。飼ってみて朽木への嗜好性が高ければ、それメインで飼うようにします。日本のオオゴキブリはその典型ですね。朽木を与えるには、クワガタの産卵用に市販されているものに水を含ませ、マットに埋め込む方法が理想的です。いわゆるクワガタの産卵セットをそのままゴキブリの飼育に流用してしまうわけで、筆者は以前からこれを利用しています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM