タイトル.jpg

ナミイシビル4

2017/08/12


 去年の7月に金魚鉢の中でひじょうに小さな幼体を見つけてから、急成長をとげましたが、今年になってからはほとんど成長が見られません。これで成体ということなのでしょう。ヒルの場合、生態になってからでも成長すると思われますが、うちの金魚鉢では主だった餌がインドヒラマキガイで、それはあまり彼のお気に召さないのかもしれません。
 
1

 1年で4〜5cmていどになりました。ただ、ヒルのサイズは計るのが困難で、大まかな見た目です。

2

 今年の6月頃、腹部に白っぽいものを発見しました。卵あるいは幼体、はたまた何かが寄生しているようにも見えます。飼育中のヌマビルがお腹に卵をくっつてているのが観察できましたから、これも卵だといいな、そう思いました。

3

 7月。1ヶ月ばかり経過しましたが、様子に変わりはありません。白いものの正体は不明のままです。

4

 もしも繁殖が行なわれたら、それを観察したいと思い立ち、小さなプラケースに隔離しました。砂利を敷いていないので、幼体が生まれれば判りやすいと思います。餌用にインドヒラマキガイを1頭入れておきます。

5

 真上から見てみると、背面に縞模様が見えます。ナミイシビルとしてきましたが、シマイシビルの可能性もあるかもです。

6

 8月。プラケースに隔離してから1ヶ月。変わりはありません。卵ではなく寄生虫かなにかの可能性が強い気がします。白いものがある部分だけ胴部が肥大しています。

7

 8月10日。これまで元気に泳ぎ回っていたのに、突然、水底に沈んだまま仰向けになり動かなくなってしまいました。突いて刺激するとかすかに動きます。
 腹部の白いものは急に大きくなり様子が変わりました。

8

 ヒルはそのまま死去し、白いものの正体は解らないままでした。1年以上、金魚鉢の中で元気に泳ぎ回っていたのに残念です。
 シマイシビルは、川底などに茶色で楕円形の卵嚢を産むそうですから、この白いものは卵ではなかったのでしょう。ヒルの仲間は単為生殖を行ないます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。


recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM