1_萌萌虫雑記帳.png

ブラベルスクラニファー2

2017/08/21


 なんでもよく食べ、とても飼いやすい大型ゴキブリです。終令幼虫ですでにひじょうに巨大で迫力がありますが、成虫になると翅がある分いっそう大きく、その大きさは圧倒的です。成虫の数が増えてくると、ケージの中は虫を飼っているというよりも小動物がいるような、そんな感じになります。

1

 最初はドライな飼育環境で飼う予定でしたが、昆虫マットを敷いて少し湿度を加えるようにしました。写真では紙のタマゴパックを使っていますが、こればボロボロになりやすいので除去し、今は模造の小枝を足場にしています。また、オブロンゴナダヒッシングローチと同居させています。

2

 終令幼虫。6cmばかりあります。

3

 同居中のオブロンゴナダヒッシングローチ(右)も大型種ですが、今のところ本種がサイズで圧倒しています。

4

 幼虫のズームアップ。大きな体でよく動き回ります。

5

 成虫。巨大です。じつは翅が長い分だけ大きく見え、体のサイズは幼虫とあまり変わりません。

6

 羽化のあとの脱け殻。

7

 全長で7cmを越えます。そのサイズの個体が数匹いてバタバタと動き回っているさまは圧巻です。

8

 大きいわりに動きはなかなか俊敏です。少しだけですが飛ぶこともあります。ヒッシングローチよりも素早く、そしてよく動き回ります。

9

 以前に飼っていた同属のジャイアントウッドローチよりも動きが早い気がします。

10

 ゴキブリは爬虫類や両生類の餌として繁殖させられていることが多いですが、これだけ大きいとかなり大型のトカゲでないと餌にならないですね。小型のトカゲでは逃げ出してしまうでしょうし、逆に食べられる可能性もあります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM