キシノウエトタテグモ

2017/09/05


 ご近所を歩いていると、ごくたまに見かける大きなクモです。他のクモとはかなりイメージが異なり、のそのそ歩いているか、じっとしているか、死んでいるか、そんな姿を見かけます。
 和名のキシノウエとはどういう意味なのでしょう。岸の上のこと? だとしたらますます意味が解りません。岸の上にクモがいるのは当たり前だし。

1

 ゆっくりと歩いている姿は、小さなタランチュラといったところです。肢は太くて短くがっしりしており、歩行には適しているようです。優秀なハンターにも見えます。

2

 悲惨な手振れ写真。前方から顔を撮りたかったのですが、何度もシャッターを切ったのに失敗しました。

3

 トタテグモの仲間は、地面に縦穴を掘って暮らしています。巣は糸で補強され、入口には戸を立てます。戸は糸で土をこねあわせて作りますから、この巣を見つけるのはひじょうに困難です。巣の中で地表を這う獲物を待ち構えているわけですが、こうして歩き回っているところを見かけるのは、彼らがしばしば巣を離れて移動(引っ越し)していることを示しているのでしょう。収穫が少ないと、その地をあきらめて別のところを探すのでしょうか。でも移動の際に鳥に襲われたり、人に踏まれたりすることもあるようです。もう少し目立たない移動を心がけましょう。観察する側にとっては現状の方が都合が良いですが。

コメント
感動しました!
あ、幼蛇の強制給餌でアドバイス頂いたものです。

萌萌虫さんのプロフィール(?)拝見していて、同じ1960年生まれと知り、嬉しくなりました。
私の祖父は生物学者でした。
私が小さい頃井の頭公園に歩いて連れて行ってくれたときはいつも、道端の虫の生態を教えてくれました。中でも、今も記憶に残っているのが、トタテグモとフクログモでした。
トタテグモの戸の綺麗な丸さが愛らしく、フクログモの巣がズルズル抜ける様子が面白かったものでした。
でもトタテグモ本人は見たことがありませんでした。50年ぶりにその姿を見て、思わずコメントしたくなりました。

昔はどこもかしこも虫や小動物で溢れていましたね。
大好きな蛾、オオミズアオも横浜では10年以上見ていません。
もう一度出会いたい虫がたくさんいるのですが、、、。
  • アミママ
  • 2017/09/08 11:55 PM
アミママ様。
僕の住んでいるところは山間なので、今でもたくさんの小動物に出会うことができます。
オオミズアオは僕もずいぶん見ていません。むかしは旅館の灯火にもワラワラ集まっていましたけど。

以前にヤフオクでオオミズアオの幼虫が出品されていました。
また出品があれば落札してみたいです。
って言うか、自力で野生のものを探せって話ですが、なかなか時間がなくて。
定年になったら山を歩き回りましょう。
  • 筆者
  • 2017/09/09 5:20 AM
オオミズアオが出品なんてされるのですね、おそるべし、ヤフオク!
うちも横浜と言っても田舎です。
横浜は山が多いので、鬱蒼とした森が多く、まだ野生のホタルも近所に生息しています。
私は副業で犬のブリーダーをしていて、この数年は全てのアゲハの食草を庭に植え、幼虫を避難させる蝶々小屋も設置しました。
そこに、カナヘビとヘビが増えただけでも時間を取られるのに、筆者様はすごいなあと感服を通り越します。
生き物への愛と尊敬を文脈から感じ、読んでいて嬉しくなります。
写真も綺麗。
まめに立ち寄らせていただきますね!
  • アミママ
  • 2017/09/09 10:31 AM
アミママ様。
おほめに預かり恐縮ですが、哺乳動物の飼育繁殖を手がけておられるアミママ様の方が、はるかに偉業を成されていると思います。
僕は生物の進化について勉強し始めて、実際に生き物を飼ってみないと理解できないことに行き当たり、それであれこれ手を広げるようになりました。長くやっていてもいまだに初心者です。
アゲハの全種を管理されているのですか! すごすぎます。ぜひいろいろ教えてください。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • 筆者
  • 2017/09/10 12:12 PM
こちらこそよろしくお願いいたします。

アゲハの全種飼育なんてとんでもないです。
飛んできて産卵してくれない限りお目にかかれないので、私が育てられたのは数種にとどまります。
オナガアゲハなんて一度も来てくれてない・・・。

ただ、アゲハをやりはじめて、卵から成虫になる確率が0.6%という数字が実態として実感し、野生に生きる者たちの過酷さに思い至っています。

余談ですが、自分の犬生活のことをウェブで漫画に描いていて、(と、言ってもあと数回で最終回ですが)気分転換がてらのぞいて下されば嬉しいです。
https://ameblo.jp/aiken-ami/
  • アミママ
  • 2017/09/13 1:23 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ
Amazon Kindle 電子出版

講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM