1_萌萌虫雑記帳.png

デューンスコーピオン

2017/09/23


 最近ひじょうによく出回っている黄色いサソリです。カリフォルニア州南部からアリゾナ州西部にかけての砂漠地帯に棲息しています。サイズ的には中型の黄色いサソリですが、黄色イコール乾燥地帯のサソリであるとおおむね言えると思います。以前に飼育した黄色いサソリは、サハライエロー、テキサスバーグ、大型ではデザートヘアリー、イエローファットテイル、シャイニーバロー等ですが、いずれも砂漠性の種です。

1

 淡い黄色が美しいと思いました。ひじょうに素早い動きをし、これにはちょっと驚きました。大きな尻尾が見事です。

2

 サイズ的には大きくないですが(頭胴長3cmていど)けっこう気性が荒そうです。

3

 毒針。大きな尻尾は眼前の獲物に届き、瞬時にダメージを与えます。ピンセットで捕らえると、繰り返し毒針で攻撃してきます。毒性は弱く、人間が被害に遭うことはなさそうです。

4

 サソリはこの角度から見るのがカッコイイですね。

5

 頭胸部のズームアップ。頭頂に1対の大きな単眼、口器の近くに小さな単眼が2つずつ、サソリの標準的な顔です。

6

 今回は広いスペースで飼育することにします。砂は昆虫マットを流用。シェルターと水入れのみのレイアウト。水入れは極力浅いものを使用します。餌はレッドローチやコオロギの小さ目のものを、胸部を軽くつぶしてダメージを与え、動きをにぶらせておきます。過保護だ。

7

 飲み水を見つけるのは下手だと思われるので、シェルターの近くに水入れを置きます。シェルターはとりあえず利用するでしょうが、巣穴を掘るかもしれません。今回は、サソリが巣穴を掘れるようにマットを厚く敷き、広いケージを用意してやりました。
 サソリの飼育は久しぶりですが、今回はサソリがその生態を発揮するのに充分な広さを確保してやり、長生きを目指します。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM