1_萌萌虫雑記帳.png

シロオビノメイガ

2017/09/28


 極めて普通に見られる蛾ですが食草があたりに少ないせいか、筆者の生活圏ではあまり目にしません。幼虫の食草は、ホウレンソウやホウキグサ、アカザ等で、お百姓さんを困らせそうですね。茶色の羽に白い帯状紋がよく映え、とても綺麗です。
 メイガと名がついていながらメイガ科ではなくツトガ科です。ツトガの仲間にはメイガの名称のものがちょくちょくいますが、その理由は解りませんし、学者先生のお気持ちも判りません。

1

 前翅長2cmていどのそこそこのサイズがあります。肢や腹部もバンド模様になり、頭部も同じ色合いのツートーンカラーで、なかなかオシャレに気を配っていますね。

2

 蛾の仲間は、広げた翅を足場にくっつけて張り付いていますが、こいつは長い触角だけをピンと立てています。敵が近づけばすぐに回避行動がとれるようにでしょうか。

3

 正面図。ほんとに長い触角ですね。触角を突っついてみました。するとサッと飛び立ちました。
 成虫の見られる時期は6月〜11月くらいまでと長く、今年は秋口になってから2頭ほど見かけました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM