オオウンモンクチバ

2017/10/03


 色あいは地味ですが、模様がなかなか鮮やかで、パッと見でもよく目立っていました。体色や模様には個体変異があって、模様が鮮明でない個体は地味で目立たず、目を引きません。茶色い蛾か、なんて見過ごしてしまいがちです。その点、この個体はかなり印象的でした。

1

 自然背景の少ないうちのブログの写真の中で、久々に林が映ってますが、残念ながらこれは駅貼りのポスターです。

2

 スマホを近づけると、ひらりと飛んで移動しました。前翅の付け根あたりの点がよく目立っていますが、おそらくこれはオスの特徴です。

3

 幼虫はクズはフジの葉につくようですが、そういった食草はたっぷりあるにもかかわらず、見かけることがそれほど多くない蛾です。灯火に飛来する習性はそれほど強くないのかもしれませんね。
 ここは山の中の駅ですが、あたりは宅地開発が進んでおり、フジは近くには自生していません。しかしクズは高架橋の下などにありあまるほど茂っています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM