ツヤアオクサカメムシ4

2017/10/12


 九州から西日本にかけて今年記録的な大発生を来したのが、アオカメムシの仲間です。類似のカメムシがいくつかいるので、ニュースになっている種がいずれかは判りませんが、筆者の生活圏の常連であるツヤアオクサカメムシも今年は爆発的に発生しました。

1

 夏場はそれほどでもなかったのですが、9月下旬から今頃になってすさまじい数の本種が、灯火に飛来し、たくさんの死骸を残してゆきます。

2

 見た目は美しいのですが、そこそこの大きさがありますし、臭いがなかなかキツいです。普通は一時的な接触がなければ臭いは気になりませんが、大量発生すると、あたり一面にカメムシ臭が漂います。

3

 筆者の勤務する駅のホームに転がる死骸たち。しかしこんなのはまったく問題ではありません。近隣数駅では、足の踏み場もないほどの大群が昼夜を問わず押し寄せます。あまりにもすさまじいので、特別清掃隊が出動しましたが、効果はありません。

4

 とある報道で、この春のスギ花粉の飛散量がカメムシ大発生の原因だと言っていましたが、その意味が解りません。カメムシって花粉食でしたっけ?

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

まず最初に選んでください↓  
 




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内

cover4.jpg
学術エッセイ
人類汎幼進化計画


cover3.jpg
小説
少女たちと星の序章


cover2.jpg
エッセイ
単純世界の真面目症候群
Simple System and Serious Syndrome

cover.jpg
小説
あかねだいばくはつ

★講読には電子書籍リーダー Kindle が必要です。

sijn.jpg








recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM